小学校受験にはどのぐらいお金がかかるのか

子供を授かったとき、命の重みを感じますね。幸せな気持ちで満ち溢れていますが、次に頭に浮かぶのが教育費のことではないでしょうか。日本で子供を育てるにはお金がかかります。子供が生まれたらすぐに学資保険に加入するという親御さんたちは少なくありません。子供の才能を伸ばすためにどんな習い事をさせたらいいのか、子供の将来を考えるとワクワクしてきますが、先立つものがなければ難しいですからね。一番最初にやってくるのが幼児教育です。どんな習い事に子供は夢中になるのか、あれもこれも習わせたいけれど、やっぱりそれにはお金がかかります。小学校受験までどのぐらいお金がかかるのか、一般的に語られているお話をいくつかご紹介します。

幼児教育にかかるお金

幼児教育と一言でいっても色んな習い事が日本にはあります。その中でも特に手軽にはじめやすいと言われているのがスイミングです。有名なスポーツ選手の中でも一番最初にスイミングを習ったという方は多いですからね。自分と同じぐらいの子供たちと一緒に泳ぐことで体力がつき、丈夫になっていきます。そのほかの習い事といえば、最近ではロボット教室なども非常に人気を集めています。パソコンを使ってプログラミングを学びます。本当に大人顔負けの授業ないようですが、子供たちの関心が高いので、学んだ先からどんどん覚えていくそうです。これらの幼児教室の月謝はさまざまで、数千円から数万円かかるケースもあります。

学校に入学するまでに必要なお金

先ほども話したように、幼児教室に通うお金は習い事によってさまざまです。習い事を2~3種類習わせて、一年の間に模擬試験を受けたり、筆記試験用にドリルなどを購入して、希望する学校3~5校を受験した場合、合計で一年間100~150万円ぐらいかかるといわれています。通わせる幼児教室の種類によっては200万円前後かかる場合もあるようです。もっと低く抑える場合、例えば自宅でお父さんやお母さんと一緒に学習をして、受験を控えた数ヶ月前に集中的に幼児教室へ通わせるという方法もオススメです。この方法で子供が小学校受験で合格したという話も少なくありません。一番大切なのは、子供が喜んで学んでいるかどうかということです。いくらたくさんのお金をかけてたくさんの習い事に通わせたとしても、本人が嫌がるようなら、せっかく通わせても身になりませんからね。