小学校受験の面接内容を詳しく知りたい

面接でどんなことを聞かれるのか、その学校によっても違うでしょうし、その年によっても学校の方針によって変わるかもしれません。ここでは一般的に聞かれることをいくつかご紹介します。まずは保護者が普段生活している中で何を大事にしているか、家ではどんな風に過ごしているか、子供とどのように過ごしているか、学校に対してどのように期待しているか、学校を受験しようと思ったきっかけはなんだったのか、この辺はよく聞かれるパターンだと言います。そのほか子供の健康のことや、子育てをしている中でどんなことに感動したか、子供が好きな遊びや絵本のことなども聞かれます。時間にするとおよそ10分前後です。

面接ではどんな洋服がオススメなのか

小学校受験で気になることの一つに面接のときに着る服装です。周囲の人がどんな洋服を着るのかも気がかりですが、一番大切なのは面接官への印象です。最近は面接向けの洋服を扱うお店も運営しています。お母さん用、子供用もあるので、一度に準備できるので便利ですね。見た目の印象はシンプルなものがベストです。当たり前ですがカジュアルな装いはNG。お父さんは紺色もしくはグレー系が無難です。お母さんは紺色系がオススメです。お母さんが身に着けるアクセサリーは派手なものは避けてください。お子さんの場合、男の子と女の子で違いがあります。男の子の場合は、ジャケット、シャツ、ズボンのセットもしくは、シャツとベスト、シャツとセーターという組み合わせもありです。女の子の場合はブラウスとスカート、ジャケットとワンピース、ボレロとワンピースという組み合わせがオススメです。

高級品である必要はない

これまで小学校受験にたくさんのお金が必要になっています。だからと言って面接に着ていく洋服にまで高額なお金をかける必要はないのです。面接官は着ている洋服が高いとか安いなどというところは見ていません。装いに清潔感があるか、その場の雰囲気に合った装いなのか、シワや汚れがないか、その辺を見ています。ですから、どこかのブランド物で統一するとか、同じ学校を受験する家族の中で一番目立ちたいとか、そういう意識は捨てましょう。面接時間の平均時間はおよそ10分程度。その時間で面接官がみるのは、保護者の方が子供に対して愛情を持っているのか、本当にこの学校に入学したいのか、子供との親子関係はどうなのか、そういうところなんです。